« レノン・マッカートニーはもう無理 | Main | 2年遅れの3年早まり »

欲望には勝てず

Dylan_desire_2

【20年後のベスト5】

第1位  Desire  (1976)
第2位  Street-Legal  (1978)
第3位  New Morning  (1970)
第4位  Nashville Skyline  (1969)
第5位  Blonde On Blonde  (1966)


とにもかくにも、ここ3日ばかり聴き返してみた。

初期の作品群、例えば『The Freewheelin' ~』とか『Bringing It ~』は、吐き出される詩の純度はともかく、醸し出すサウンドの空気感がちょっとねぇ。『Highway 61 ~』もそう。最後の曲「Desolation Row」は今でも大好きなんだけど。
それと、The Bandとの蜜月時代の作品もなんだかなぁ。『The Basement Tapes』とかさ。彼らの匂いが今では逆に鼻につくのが意外。ザ・バンドは単独で味わう方がいい。だもんで、『Planet Waves』は圏外へ。
21世紀の作品も2つばかり食べ直してみたけど…。『Modern Times』と『Together Through ~』。ふーむ、今ひとつ。
替わりに気に入ったのが『Nashville ~』だの、『New Morning』だの。いいわこれ。

そして本命は『Desire』で決まり。やはりウソはつけない。当時から言ってきたことだけど、1曲目「Hurricane」のカッコよさったら。普通ならボツにするであろう、バックバンドを戸惑わせた「ミス」テイクを採用したディランは正しいよ。改めて思う。そうなんだ。40年前に正しかったことは今でも正しかった。どうすればこの熱い思いを伝えられるのだろう。それを彼は(おそらく)無自覚に知っていた。滅茶苦茶ホットなのにクールでもある。希有な才覚。そのひとつの証左が垣間見える。
あと、忘れちゃいけないのが、アルバム全編をふらふらと妖しく歩くスカーレット・リヴェラのバイオリン。そしてエミルー・ハリスの寄り添うボーカル。
オマケにジャケの写真。火傷する「Hurricane」は別として、このアルバム全体を覆っている穏やかさというか、ふわふわ感というか、ゆったり感というか、温かさというか…。そんな空気を横顔の目線ひとつで表現している。

すまん、『Street-Legal』くん。やっぱり欲望には勝てなかった。たはは。


|

« レノン・マッカートニーはもう無理 | Main | 2年遅れの3年早まり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11727/64357174

Listed below are links to weblogs that reference 欲望には勝てず:

« レノン・マッカートニーはもう無理 | Main | 2年遅れの3年早まり »