« March 2014 | Main | October 2016 »

ドライブ

 ややややや…。つかけん大関陥落の危機か。っと、1年以上無断で休場していてはそれどころではない。角界追放である。

 昨年は引っ越し&新築、そしておよそ20年近く乗っていたクルマを廃車。さらに今年5年ぶりの職場異動。とまあ押し寄せる波たちを乗り切るのに忙しい、とは言っておこう。ふは。

 引っ越しにともなうあれやこれやは去年のうちにほぼ済んだのだけど、唯一片付いていないのが古い家から運んだCDの束。何枚になるのかもはや定かではない(多分3000~4000枚)。これを収納するラックは買った。組み立てた。据え付けた。アンプも買い替えた。スピーカーもJBLにした。以上。そうなんだ。そこで終わっているのだ。納められるのを待つこと9カ月。もはやCD君たちは主人の根性の無さに落胆し、床に積み上げられたまま静かに眠るしかないのだろう。ホコリも静かに積もるのだろう。たはは。

 音楽を聴く気力がここ数年薄れてきている、とは何度も言ったが、実際相変わらず、というより引っ越してからますます右肩下がりなのだ。参ったな。今年手に入れたブツも少ない。次の通り。

・HALCALI 『音樂ノススメ』 2004
・Sally Seltmann 『Sally Seltmann』 2014
・Weezer 『Everything Will Be Alright In The End』 2014
・Bjork 『Vulnicura』 2015
・Sondre Lerche 『Please』 2014
・John Frusciante 『Enclosure』 2014
・椎名林檎 『逆輸入 ~港湾局~』 2014
・  〃   『日出処』 2014
・角松敏生 『The Moment』 2014
・Eric Johnson 『Europe Live』 2014
・Kina Grannis 『Elements』 2014
・Joe Barbieri 『Maison Maravilha(夢のような家で、君と)』 2009
・   〃    『Respiro(静かに、息をするように)』 2012


 一体つかけんはなにをしているのだ。

 はい、ドライブです。ぶーーん。

 いわゆるミニバンのひとつ、フォード・フリーダ(4WD)に別れを告げ、「Dセグメント」に分類されるクルマ、それもセダンでなくワゴン系に乗り換えたのが去年の11月。やたら見かけるベンツのCクラスとマツダのアテンザは除外し、アウディのA4、ワーゲンのパサート、BMWの3シリーズ、ボルボのV60/70、スバルのレヴォーグあたりでうろちょろした結果、外・内装のシンプルさ、漂う品の良さというか上質感、車体の剛性感、TSIエンジンとDSG(マニュアルギアのシフトチェンジをデュアル方式で「自動的」かつ「瞬間的」に行ってくれるミッション)の相性の良さと滑らかさ、エンジン排気量のダウンサイジングの成熟性とそれにともなう燃費の低さと加速感の両立、運転中の異様な静けさ、なにより運転していて感じる楽しさ…等々で、フォルクスワーゲンのパサート・ヴァリアントに決定した。色は濃紺。グレードはハイラインだ。

Passat01

 以来、時間を見つけてはハンドルを握り、あちこち走りまわってばかりいる。1.5トンの重さを軽々と運び、滑るように路面を走る快感ったらない。もはや自分の手足の延長になっている。スキーをやっているときに板がいつの間にか自分の足になっている感覚と似ている。今日も今日でちょっと近場に出かけてきた。高速道でなく、一般道で平均燃費19.0キロ/Lを記録して気分がいい。やっぱり車はガソリンだけでいい。電気はいらない。

Passat02_2


 ごめんよ、眠れるCDくんたち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2014 | Main | October 2016 »