« この半年聴いたもの | Main | おつかれさまの国 »

夏のアカペラ

 壇上にはミドルティーンの女の子たち30人余りがきれいに並んでいる。どの子も顔や肩や姿勢を緊張させながら。

 始まった。伴奏もなく音楽教師と思われる指揮者のタクトだけを目で追うアカペラがほとんど起伏の無い旋律をなぞり続ける。ピアニッシモとせいぜいがピアノだけの抑えられた声量は、単純な歌詞を輪唱によって延々と繰り返すことで退いては返す波のようなうねりをステージの上に作り上げた。曲名を失念してるのだけど、だれもが口ずさんだはずの童謡だ。「ほたる」という名だっけ?

 この小さな声量の輪唱アカペラは客席でふんぞりかえっていた私の姿勢を正させ、唾を飲むことさえ許さない。私がステージに見たのはまぎれもなく蛍だ。暗闇にぼうっと浮かんでは消える蛍の光のハーモニーだ。これは"歌"じゃない。歌による情景スケッチだ。輪唱最後の声が消え入るような「ほっ」で終わった瞬間、そこに飛んでいた蛍の群が闇の中に消えていくのを見た。

 動けなくなっていた客は歌が終了してもしばらくそのまま。はっと我に返り、嵐のような拍手が会場に湧き立った。見ると、ステージの上にはどこにでもいる10代の女の子たちが顔を上気させてたたずんでいた。暑い夏の市民文化会館。


 そういえば、これと似たようなステージを20年ほど前にも体験している。同じ7月だったかな。やはり暑い夏だった。

 会場は市民文化会館とは比較にもならない小さなホールである。舞台に並ぶ主役は10名にも満たない心細気に見える女子中学生。大丈夫かなこんな少人数で。アカペラだというのは同じだが、このときは輪唱ではなく二部合唱。おいおい。この人数をさらに分けてどうすんの。

 「さとうきび畑」という歌をまともに聴いたのはこのときが初めてである。まだ顔のどこかにあどけなさを残す彼女たちの声は穏やかで淡く、でも、一生懸命だ。正面切らない歌詞だからこそ、深い井戸の底で眠り続けるひそやかな悲しさというか、やるせなさというか、は、あとからずしんっと伝わってくる。彼女たちの予想外な美しい声と旋律で運ばれる静謐な詩に私はうろたえ、なにかがせり上がり、それが目尻からこぼれてきた。「反戦歌」なんて安易なレッテルを拒む意志がここにはある。この歌との出会いがこういう場だったのは多分幸運なのだろう。感謝したい。

 合唱が終わった後、ステージを下りる彼女たちの一人に声をかけ、無理を承知でもらった「さとうきび畑」の楽譜は20年のときを超え今も私の手元に残っている。すっかりセピア色に変わったけれど。

|

« この半年聴いたもの | Main | おつかれさまの国 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11727/48884010

Listed below are links to weblogs that reference 夏のアカペラ:

« この半年聴いたもの | Main | おつかれさまの国 »