« 道分かれ | Main | ディープ&スロー »

浮浪雲

ぼくが笑えば  きみは笑い

きみが笑えば  ぼくは笑った


きみに触れれば  きみはやわらかくなり

きみをつつめば  きみの匂いがぼくをつつんだ


やわらかくからみ合えば  ふたりは溶け

つよくからみ合えば  海になった

凍てつく冬の  はるの海になった

花風がやわらかく吹いていた

だけど…


気がつけば

いつのまにか

ぼくは蒸発をし始めている

やがて一滴残らず空に昇る

予感を孕み海はうねり出す


きみを空から眺める

ぼくは雲になるのだろう

きみの知らぬ彼方に飛ぶ

はぐれ雲になるのだろう


ぼくを追わないで

|

« 道分かれ | Main | ディープ&スロー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11727/47844794

Listed below are links to weblogs that reference 浮浪雲:

« 道分かれ | Main | ディープ&スロー »