« MUSIC 2008年の収穫・上 | Main | 不意打ち »

呼称

 私。僕。俺。ワシ。自分。こちら。おいら。(自分の)ニックネーム。…

 あなた。君。お前。そちら。アンタ。貴様。(相手の)名前、あるいはニックネーム。…

 いろいろあるんだよな日本語。英語の潔さとは大違いだ。

 どれもその場の雰囲気で自然と決めてるような気がするし、それでいいのだろう。が、最近使おうかどうしようか迷う相手の呼称がひとつある。それは「お前」である。

 これをなかなか使えない相手というのがある。使った途端、相手との関係が抜き差しならないものになるのが気恥ずかしい。なんだか俗っぽいし。なにより陳腐だ。

 そういう陳腐さに、しかし浸ってみたい。

 例えばアメリカ人には分からないだろうな。こういう機微。

|

« MUSIC 2008年の収穫・上 | Main | 不意打ち »

Comments

ふぅん、「お前」…。
ぶっきらぼうなようだけど「唯一無二」を感じさせてくれますね。

思い悩まなくたって【その場の雰囲気で自然と】呼べる日が来ますよ、きっと。
たとえば天気の良い午前中、縁側に腰掛けて庭の樹でも見ながら、ふと「おい、お前、近う寄れ」なんて。

素敵だね。

Posted by: 階下の貴婦人 | Apr 07, 2009 at 22:01

いいですねぇ。>「縁側」とそれを取り巻くシチュエーション

で、「近う寄れ」ですか。なんだか殿様みたいでグッドですね。
縁側に腰掛ける殿様の図……。
ちょっと、しかし、殿様では絵にならないか。そうだなぁ、跡目にその地位をとっとと渡してもうさっぱりしたご隠居ならぴたりとハマりそう。
そいで、そのご隠居がずっと愛しているおなごを横にはべらせながら、「近う寄れ」。いいなぁ。
でも、そのおなごを呼ぶときには多分、名前で呼びそうではあります。
「のぅ、○○、近う寄れ」と。
やっぱり難しいな。「お前」を使うのって。

Posted by: つかけん | Apr 09, 2009 at 23:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11727/44570752

Listed below are links to weblogs that reference 呼称:

« MUSIC 2008年の収穫・上 | Main | 不意打ち »