« 80年の周辺 4 | Main | 81年の周辺 1 »

今さらエレカシ町を見下ろす丘

 ありゃ、もう11月も終わりだ。
 ありゃりゃ、もう雪が降り出すぞ。
 ありゃりゃりゃ、2ヶ月も放ったらかしだここ。

 怠け者よ目を醒ませ

 へぇへぇ。おいらのことだぁね宮本ヒロジ。

 怠け者よ目を醒ませ
 怠け者よ目を醒ませ

 わかってる。わかってるってば。何度も繰り返すなよぉ。おいらが悪かったよぉ。

Elephant_machi
 このリフレインは彼らエレファントカシマシ今年のアルバム『町を見下ろす丘』の2曲目に登場する。そうなのだ。このアルバムを私はとっくに手に入れていたのだ。前作『風』(04)に狂喜乱舞させられ続けた私は、しかしこの最新作を前にして腰と筆がしばらく動かなかった。なんだこれ。『風』に弾けていたバンド・サウンドがこじんまりとしちまってまぁ。こんなサウンド・プロダクションや旋律じゃ「地元のダンナ」や「理想の朝」が台無しだ。もったいない。ミヤジのボーカルが変わらず良いだけに。こうした安直なメロディやアレンジの連続は『東京の空』(94)とか『ココロに花を』(96)を思い出させてしまう。特に3曲目「甘き絶望」のイントロは勘弁してほしい。

 だがまぁいくつか拾い物はある。"ゆけぇーっ"のフレーズが印象的な「今をかきならせ」の疾走感は爽快そのものだし。『扉』(04)収録「地元の朝」に続く長尺な「人生の午後に」はその長さを感じさせず、味わい深いし。そしてゆったりと流れる「雨の日に…」の潔さというか、こざっぱり感というか、はその詩の内容ともども心地良くこちらに届いてくるし。ふむふむ。よしよし。

 おっと、Sex Pistolsじゃねぇのか「今を~」のギター・リフは。おいおい、Pink Floydの「Echoes」じゃろがぁ「人生の~」のバックはまんま。おやまぁ、Freeを見てるようだよまるで「雨の~」の重く沈むドラムス&ギターや地を這うベースは。…などとあれこれイチャモンつけてはいけない。ああ、いけない、いけないとも。

|

« 80年の周辺 4 | Main | 81年の周辺 1 »

Comments

つかけんさん、こんにちは。
びっくりしました。単にBLGをやっているのではなく、こんな存在感のあるPAGEを管理されているとは、I'm much surprised!BOOKSのコメントも面白かったです。マメななまけものでいらっしゃる。つかけんworldに感化されそうです。いい作品には目がない。感性がしなやか。おいしいものにも目がないこともわかりました。また、いろいろとヨロシクお願いします。

Posted by: Cathy | May 31, 2008 at 08:19

Cathyさん、コメントありがとうございまし…なんて何を今頃。半年も経ってようやく気づく私はナマケモノですらなく、どうしようもないタワケモノです。それも大のつく。まっこと申し訳ありませんっ。
それにしても、いかに普段ここを放ったらかしにしているか。もうバレバレですね。すみませんでした。
だからといって更新再開!とはならない今の私のタンクはカラカラ。どこに行っちまっただマイ・エナジー。もしやカラオケBOXにそれはあるのだろうか。

Posted by: つかけん | Nov 29, 2008 at 22:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11727/12837370

Listed below are links to weblogs that reference 今さらエレカシ町を見下ろす丘:

« 80年の周辺 4 | Main | 81年の周辺 1 »