« マイ・オムニバス VOL.25 後 | Main | マイ・オムニバス VOL.26 前 »

今様歌うたい 斉藤和義

 そもそもこのブログのタイトルは彼の曲名から…なんて最初の発言(記事)で触れたように私は斉藤和義が好きだ。なぜ好きなのかその理由をいくつか挙げてみたが…。なんだかなぁ。取ってつけたようなことしか浮かんでこないんだこれが。それなら書かないに限る。ただ、こういう歌うたいに私はなりたい。ということくらいはぼそっと言わせておくれ。こういうスタンスの。こういう詩の書ける。こういうメロディの書ける。…間に合うかな今からでも。

 何年か前、当時のお気に入りを集めて下のようなオムニバスを作ったんだ。『ジレンマ』か『Because』が出た頃だと思う。なお終盤「東京ブルース」~「歌うたいのバラッド」はアコースティック・ライブ『12月』からの収録だ。「僕の踵は~」が2つあるのはそのためだ。

● 歩いて帰ろう
● レノンの夢も
● ポストにマヨネーズ
● 僕は眠い
● 空には星が綺麗 ~悲しい吉祥寺~
● 僕の踵はなかなか減らない
● すっぱいぶどう
● 進めなまけもの
● 幸福な朝食 退屈な夕食
● さよなら
● 東京ブルース
● Hey! Mr.Angryman
● 月影
● 僕の踵はなかなか減らない
● 歌うたいのバラッド

 こいつはヘビー・ローテーションだった。家で聴く。車で聴く。電車で聴く。朝聴く。昼間聴く。寝る前に聴く。『Because』以降一体こいつはどこに向かうんじゃ、てな不安や落胆を味わい続けていたそれはせいでもあるってのがちょいと悲し。

 あれから数年が経ち、ようやくうずうずしてきた。そうなんだ。「次」を作りたくなったんだ。味わい続けた落胆の隙間から輝く岩がいくつか転がり落ちていたし。前回外したいくつかを復活させたかったし。なにより『青春ブルース』をようやく買ったし。で、第2巻の出来上がりっと。なお「ぼくの見たビートルズはTVの中」はスタジオ盤でなく『Golden Delicious Hour』から。

○ ぼくの見たビートルズはTVの中
○ Wonderful Fish
○ 走って行こう
○ 寒い冬だから
○ 老人の歌
○ 通りに立てば(飛ばすぜ!宮ニィ)
○ 蝉
○ 古い話
○ ささくれ
○ 社会生活不適合者
○ リズム
○ 月の向こう側
○ 彼女は言った
○ やわらかな日
○ スケッチブック
○ 裸の王様
○ 裸の俺様
○ 好きな人の手


 ところでどこかで私を呼ぶ声がする。どこだろ。あ、ここだ。なになに、ミュージカルバトンとな。バトンね。ふーむ。受け取ると見せかけながらバトンを持つそのやわらかな手の方を握ってしまうかもしれないぞ。握った手をぐいっと引っ張り上げるかもしれんぞ。それでもいいかな。むはは。…とごまかしたところで(笑)今夜は勘弁しておくれ。続きは夢の中で。おやすみっ。

|

« マイ・オムニバス VOL.25 後 | Main | マイ・オムニバス VOL.26 前 »

Comments

ここで斉藤和義特集やってますよ!
http://www.ongen.net/

Posted by: O | Oct 27, 2005 at 13:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11727/4641349

Listed below are links to weblogs that reference 今様歌うたい 斉藤和義:

» 『歩いて帰ろう』 by 斉藤和義 [trigger]
毎年恒例になりつつある日本武道館で行われた一人弾き語りスタイルのライブアルバム... [Read More]

Tracked on Jul 18, 2005 at 18:19

« マイ・オムニバス VOL.25 後 | Main | マイ・オムニバス VOL.26 前 »