« 伊達藩をゆく 3 | Main | 伊達藩をゆく 5 »

伊達藩をゆく 4

 牛になる。
 そう。牛になるのだ。今夜は秋保温泉で。

 中尊寺、毛越寺、厳美渓とまわって岩手県とおさらばし、秋保温泉に向かう車の中で私はうとうとし始めている。餅は食った。ひたすら食った。団子も食った。もぐもぐ頬張った。旨い日本酒も味わった。下戸でもなんでも飲んだ。が、なにか満たされていない。なにかが足りない。なんだそれは。そうだ。淡白だ。いや蛋白だ。蛋白質が足りない。肉だ。肉だっ。肉が食いたい。牛だ。牛だっ。牛タンだ。そうだよ明日の昼は牛タンだよ。だよ。だよーん。ふと目を開けたら車は温泉街に入っている。宿に着いたようだ。待ってろよ風呂。今浴びに行ってやる。

 牛になる。
 そう。疲れきった体を湯でほぐし、夕餉を終えたら牛になるのだ。牛になって眠るのだ。夕餉に出た鯛の釜飯は旨かった。でも牛だ。あしたはじぇったいうしをく…。あ、モウ寝てやんの。

 翌朝は雪だった。

|

« 伊達藩をゆく 3 | Main | 伊達藩をゆく 5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11727/3476331

Listed below are links to weblogs that reference 伊達藩をゆく 4:

« 伊達藩をゆく 3 | Main | 伊達藩をゆく 5 »