« マイ・オムニバス VOL.23 前 | Main | 伊達藩をゆく 2 »

伊達藩をゆく 1

 ありゃ。ちょいと更新なまけているな。まぁいいか。そもそもそういうタイトルなのだこのブログは。これが「進めあわてもの」だったりしたらお話にならないではないか。「急げタワケもの」もダメだ。

 そうなのだ。なまけものは仕事をなまけて遊びに出かけていたのだった。遊べよなまけもの。行き先は一関、平泉、仙台界隈。まとめて呼ぶなら旧伊達藩だ。今回から右上にその写真を順を追って貼ってゆく。こっちに貼り付けないのはもちろん容量をケチっているからに他ならない。賞味期限の短い写真になる。オツなもんである。一期一会である。…楽をしたかったと正直に言えよ。

 岩手県は一関にある酒蔵兼食事処「世嬉の一」でスタートだ。そこで「はっと鍋」なるものを食った。かつてこの鍋を庶民が食うのはご法度だったところから名づけられたそうである。なんだまた食い物かよ。音楽はどうした。マイ・オムニバスはどうした。そんな声には耳を塞ごう。なにしろ冬は鍋である。さて味のほうはどうなんだ。意外と薄口だったんだ、しかしこれが。聞けば出汁は昆布だけらしい。カツオは使っていないと。ふーむ。それより一緒に出された「ずんだ餅」だな。枝豆に使われる豆をすり潰し砂糖と粘り気のあるなにかを混ぜて餅の上にからめてある。緑のアンコに最初は引いたがこれが結構いけるのだ。こっちの方が旨かった。ところで「ずんだ」ってどういう意味なんだ。

|

« マイ・オムニバス VOL.23 前 | Main | 伊達藩をゆく 2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11727/3439605

Listed below are links to weblogs that reference 伊達藩をゆく 1:

« マイ・オムニバス VOL.23 前 | Main | 伊達藩をゆく 2 »