« 麦酒の街の大リーグ | Main | 幻の257 »

マイ・オムニバス VOL.18 前

【うれしはずかしうつくしFM】 74年 9/11

01 悲しみのヒーロー / ヘイウッズ
02 愛の散歩道 / ダニー&マリー・オズモンド
03 魔法のロボット / アメリカ
04 悲しみのジェットプレイン / ジョン・デンバー
05 カー・ウォッシュ・ブルース / ジム・クロウチ
06 あばずれさんのお帰り / エルトン・ジョン
07 悪夢 / スティーヴィー・ワンダー
08 落ち葉のメロディー / アバ
09 ミッドナイト・トレイン / スリー・ディグリーズ
10 キャント・ゲット・イナフ / バッド・カンパニー

 73~74年。FM放送を受信できるラジオがビンボな田舎の少年宅にやってきたのはこの頃だったと思う。
 それまで少年宅にはおよそオーディオと呼べるシロモノは存在しなかった。オバQ音頭のソノシートを鳴らせることで用をなす程度のプラスチック製小型プレイヤーとAM電波だけを毎朝元気よく受信する潔いラジオ。そして片面1トラックのカセットテレコ。この3つだけ。
 しかし、ようやく手に入れたFMラジオは中学校の木工室からくすねてきた材料とポリバケツでこしらえたスピーカー、そして隔週刊誌『FMレコパル』という頼もしい相棒達を従えて少年のミュージック・ライフに彩りを添えることになる。そうなのだ。夢のエアチェック生活がスタートしたのだった。モノラル?民放FMが受信できない? んなこと問題じゃない。なんたってうれしはずかしうつくしFM放送が聴けるのだ。さあ録音だっ。

 えーと、このラジオとカセットテレコをコードで結ぶっと。これで準備完了だ。簡単なもんだ。わはは…は、はて? 録音中どうやってラジオの音を拾えばいいの。接続コードをラジオから抜いてみる。音が聞こえる。当たり前。もう一度それをラジオの端子に差す。音が聞こえない。当たり前。そうか。カセットテレコの方でモニターはできないのだ。くそぉ。所詮無理なのかこの弁当箱みたいなテレコじゃ。むむ。それじゃコード先のピンを「半」差しにしてみたらどうやねんラジオの端子に。…おっ、聞こえる。ラジオのスピーカーから音は確保できるぞ。しかし録音中に振動を与えたらピンは外れる。そしておだぶつ。うーむ、殺すのだ息を。

 こうしたあーだこーだを行ったり来たりしながら少年のエアチェック・ライフはどうにかこうにか船出していったのだった。
 お世話になったのがNHKFM日曜夕方6時からの『リクエスト・アワー』である。曲紹介などのナレーションを流れ出すイントロに重ねる無神経さを持たず、どのシングル盤も最後まできちんとかけてくれる番組は他になかった。ニュー・シングルで溢れる宝の山だったのだこの1時間は。ナレーター石田豊。この名を覚えておられる方がいるのならわたし嬉しいのことよ。

 シングルだけでなく、アルバムを丸ごと捕獲するようになったのもこの頃からである。74年当時エアチェックされた"ニュー"アルバムといえばクイーンの『戦慄の王女』と『クイーン II』、それにジョン・レノンの『心の壁、愛の橋』。リック・デリンジャーの『オール・アメリカン・ボーイ』とパープルの『紫の炎』。そしてディランの『プラネット・ウェイヴス』やマーシャル・タッカーの『ニュー・ライフ』。さらにエルトンの『カリブ』にサンタナの『不死蝶』ときて、ポール・マッカートニーの『バンド・オン・ザ・ラン』そしてストーンズの『イッツ・オンリー・ロックンロール』。スリー・ドッグ・ナイトの『ハード・レイバー』もそうだろう。
 しかし双璧はクラプトンの『461オーシャン・ブルヴァード』とバッド・カンパニーの1st『バッド・カンパニー』である。繰り返し繰り返し聴いた。
 今ではもうCDに取って代わり、ラックに納まってほとんど聴かれることのない両者だが、それでいいのだ。わざわざ聴き返すまでもない。いつだって頭の中で鳴らすことができるのだから。寸分違わずに。この二作品は間違いなく家宝である。棺桶に突っ込んで一緒に焼いてもらおう。


 ( VOL.17後<< │ >>VOL.18後 )

|

« 麦酒の街の大リーグ | Main | 幻の257 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11727/1492356

Listed below are links to weblogs that reference マイ・オムニバス VOL.18 前:

« 麦酒の街の大リーグ | Main | 幻の257 »