« 春祭りと歯医者さんと | Main | マイ・オムニバス VOL.8 前 »

MAR 7 2003 TOKYO

 1年前、平日だというのに私は東京にいた。雨だった。

 3月6日の夜。黒い空から降る冷たい雨を気にしながら傘を持たない私は街中をひたすら歩いた。歩道。車道。迷路のような路地。同じところを何度歩いたか。とにかく歩き続けた。立ち止まるのはチラシ配りの兄ちゃんおネイちゃんに道を尋ねるときと広い車道の信号待ちのときだけだ。歩きながら不思議に思った。なんでこんな時間、こんな雨の中、こんなに人が湧いてくるんだここは。用事を済ませたら一刻も早くホテルに帰ろう。つくづく思った。渋谷は嫌いだ。

 翌7日朝。雨はまだ降っている。昨日よりも降っている。風も少し強いぞ。ホテル近くのコンビニで買った小さなビニール傘じゃほとんど役に立たないが仕方ない。とにかく向かおう駅へ。行く先はもちろん渋谷じゃない。新宿だ。東口だ。アルタだ。耳の中にエリオット・スミスを流し込みながら電車に乗り、人の流れに乗り、気がつけばアルタ大スクリーンを見上げて私は立っていた。外に出ず、駅ビルのガラスドア越しに。だって寒かったんだもーん。まだ相手は到着してないみたいだ。ここで待つとしよ。そうだ、待ち合わせの時間まで少しあるし、お茶するところでも見つけておこう。てくてく。うろうろ。てくてく。

 こうしてぬくぬくと駅ビルの中をうろついていた頃、しかし約束した友人二人はすでにアルタ真下で凍えていたのだった。雨の中。風の中。やがてドアの内側に立つ弱虫を認めた二人はゆっくりとこちらにやってくる。どきっ。だがここで時間が温かくほころんでゆく。「寒かったでしょ」。弱虫はこう最初に切り出したのかもしれない。この日のために一人は横浜から。一人は出張とはいえわざわざ徳島から。有休で出てきたのは私だけだった。彼らにとっては仕事の合間を縫ってつくった貴重な時間。あまりにも短いひととき。「んじゃまた」。短いセリフで三人は別れる。言うべきことばを忘れてなかっただろうか。次に会えるのは何年後なんだろう。

 一年前の今日、私は東京にいた。

|

« 春祭りと歯医者さんと | Main | マイ・オムニバス VOL.8 前 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11727/272536

Listed below are links to weblogs that reference MAR 7 2003 TOKYO:

« 春祭りと歯医者さんと | Main | マイ・オムニバス VOL.8 前 »