2年遅れの3年早まり

Kazuyoshi45

 いつだったか、私には「5年周期」で取り組む作業があるとここで書いた。斉藤和義のオムニバス盤作成がそれである。その時々の彼のオリジナル・アルバムやシングルから気に入った曲を適当に拾い上げ、並べるだけの、まぁどうということのない作業ではある。が、偶然なのかどうか、ちょうど5年毎に行われてきた。『COLLECTION 1』を2000年に、『2』を2005年、そして『3』を2010年に作った。5年毎というから、オリンピックだのワールドカップだのという巷のお祭りとも関係ないし、もちろん今一番の関心スポーツ、WBCとも無縁だろう。頼むぞ筒香、つつ……さて、そうなると次の『4』はとうに作り終わっていなければならないのだが、そうはならなかった。2年前、私はそれをサボっていたのだった。たはは。

 んが、一体何がきっかけでそうなったのかよく分からないのだが、作っちまったぞ。ぞ。ぞ。つい今しがた。しかも2枚! そうなのだ。『4』だけで終わらず『5』まで進んじまったのだ。初めにリストアップしたら40曲にも膨れ上がってしまい、実は2枚どころか3枚になるところだったのだ。さすがに3枚はアレなので、泣く泣く8曲捨てて。しくしく、さんじゅうろく……えーと、32曲。これを2つに分けてみた。

 とまぁそういう訳で、2年遅れたが、3年早まった。はい? いや、だから、『4』はお目見えが遅くなったが、『5』は東京オリンピック開催前に完成してしまったのだ。めでたし、めでたし。

 しばしヘビーローテーションとなるであろう2枚のオムニバスお披露目である。頑張れ筒香。つつ……いや、ところで、なにこれ、拓郎が作ったんかいな、と戸惑わせたのが新曲「遺伝」のサビ・メロ。まさかね。

 ●斉藤和義コレクション 4 (1994-2009)

01 スナフキン・ソング
02 ねぇ、運転手さん
03 誰かの声じゃ
04 ウナナナ
05 おやすみ
06 年末来年
07 Alright Charlie
08 ロケット
09 約束の十二月
10 かすみ草
11 天使の遺言
12 ウェディング・ソング
13 愛の讃歌 (live)
14 おつかれさまの国
15 Come On!
16 ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー
17 愛の灯

 ●斉藤和義コレクション 5 (2010-2015)

01 ずっと好きだった
02 Small Stone
03 名前を呼んで
04 ウサギとカメ
05 満男、飛ぶ
06 春の夢
07 やさしくなりたい
08 メトロに乗って
09 かげろう
10 月光
11 それから
12 彼女は言った (live)
13 君の顔が好きだ (live)
14 時が経てば
15 あこがれ

 ※今回見送った曲々

・ 傘がない
・ アゲハ
・ モルダウの流れ
・ キャンディ
・ 天国の月
・ Summer Days
・ Golden Slumbers
・ 天使の猫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

欲望には勝てず

Dylan_desire_2

【20年後のベスト5】

第1位  Desire  (1976)
第2位  Street-Legal  (1978)
第3位  New Morning  (1970)
第4位  Nashville Skyline  (1969)
第5位  Blonde On Blonde  (1966)


とにもかくにも、ここ3日ばかり聴き返してみた。

初期の作品群、例えば『The Freewheelin' ~』とか『Bringing It ~』は、吐き出される詩の純度はともかく、醸し出すサウンドの空気感がちょっとねぇ。『Highway 61 ~』もそう。最後の曲「Desolation Row」は今でも大好きなんだけど。
それと、The Bandとの蜜月時代の作品もなんだかなぁ。『The Basement Tapes』とかさ。彼らの匂いが今では逆に鼻につくのが意外。ザ・バンドは単独で味わう方がいい。だもんで、『Planet Waves』は圏外へ。
21世紀の作品も2つばかり食べ直してみたけど…。『Modern Times』と『Together Through ~』。ふーむ、今ひとつ。
替わりに気に入ったのが『Nashville ~』だの、『New Morning』だの。いいわこれ。

そして本命は『Desire』で決まり。やはりウソはつけない。当時から言ってきたことだけど、1曲目「Hurricane」のカッコよさったら。普通ならボツにするであろう、バックバンドを戸惑わせた「ミス」テイクを採用したディランは正しいよ。改めて思う。そうなんだ。40年前に正しかったことは今でも正しかった。どうすればこの熱い思いを伝えられるのだろう。それを彼は(おそらく)無自覚に知っていた。滅茶苦茶ホットなのにクールでもある。希有な才覚。そのひとつの証左が垣間見える。
あと、忘れちゃいけないのが、アルバム全編をふらふらと妖しく歩くスカーレット・リヴェラのバイオリン。そしてエミルー・ハリスの寄り添うボーカル。
オマケにジャケの写真。火傷する「Hurricane」は別として、このアルバム全体を覆っている穏やかさというか、ふわふわ感というか、ゆったり感というか、温かさというか…。そんな空気を横顔の目線ひとつで表現している。

すまん、『Street-Legal』くん。やっぱり欲望には勝てなかった。たはは。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

レノン・マッカートニーはもう無理

うわー!コワイ、コワイ。寒いくらい。
本当にどっきりした。こんな経験ていつ以来だろう。
まさか、まさか、まさか当たるとは。


ノーベル文学賞の季節か。今年もまた(ムラカミ)ハルキストの集いがあって、祈るんだろな。もはや風物詩と呼んで差し支えのないそんな光景がお約束のように報道されるんだろな。で、結局受賞を逃すんだろな。アフリカや南米あたりの作家受賞でお開きみたいな。

文学賞か。ミュージシャンなんかは選ばれないのかね。「音楽賞」というワクが無いなら、この文学賞で。例えばボブ・ディランとかさ。そのソングライティングに焦点当てるなら彼は詩人だろうし。まぁとりたてて彼のファンではないけど…。

受賞2日前、ぼんやりとそんな思いを巡らしてた。それもほんの一瞬。
そして本日夜、TVから何気にチャイムが…


【ニュース速報】 ノーベル文学賞にボブ・ディラン氏


はい?

うわー!コワイ、コワイ。寒いくらい。
本当にどっきりした。こんな経験ていつ以来だろう。
当たっちまっただよお嬢さん。


ところで、ディランが受賞するなら、次点はランディ・ニューマンだな。
それはともかく、ちょっと彼ディランのアルバム三昧に走ろうかな。一音楽ファンとして、やっぱり嬉しいもの。


さてさて、どうでもいいけど、ちょうど20年前に私はこんなこと↓をNIFTYのフォーラム、FBEATに書き込んでいた。
今回オマケに添えて、ではまた。ごきげんよう。

Dylan_street_3

『ストリート・リーガル』 1978年

ディランのアルバム数々あれど、どれもこれも最初の一発でノック・アウトされたものがない。いつも後からじわーっと来る。まるでボディー・ブローである。不思議。リアル・タイムで聴いた『Planet Waves』から『Desire(欲望)』までさえもそう。何なんだろ。
唯一の例外がこの『Street Legal』。後追いなんだけど、初対面でやられてしまった。さんざん悩んだあげく、私はこれを彼のベストに推すのかもしれない。

で、今しがた数年振りに聴き返してみた。…うーむ、やはりヨイではないか。うんうんこれじゃよこれ。
1曲目「Changing Of The Guards」。やや長めの尺ながら、アップテンポで切なく迫ってくる。
2曲目「New Pony」。イントロからぐっと引き込まれ渋い渋いメロディーの繰り返し。あらら発見っ、といっても大したことではないのだけど、クラプトンの「Steady Rollin' Man」と同じフレーズがある。まぁ、ロバート・ジョンソンは偉大なりと。
3、4曲目と続けていくうちに、このアルバムのあちこちに散りばめられたおそらく黒人女性のバック・コーラスのうねりがどうやら鍵を握っていると気づかされる。ゴスペル風味ながら宗教臭くはない程度の熱い掛け合い。うんうんこれじゃよこれ。
5曲目「Is Your Love In Vain」。歌われている内容は未だよく分からないんだけど、ぐぐぐっときちゃう愛の歌が黒光りし、たまらない。
6曲目「セニョール(nの上の~が書けないっ)」。これも一発で刷り込まれるメロディーだね。
7曲目「True Love Tends To Forget」。まぁ、タイトルだけで分かったような気にさせられる、てのはともかくとして、「Is Your Love ~」に負けず劣らず黒く輝いている。
残り2曲は割愛。ふは。
いやそれにしても、久しぶりのこのアルバム。楽しませてもらった。前述のようにバック・コーラスが非常に大事なスパイスなんだね。

ついでだ! 思い入れと思い込みでアルバムのランクをつけてしまえ!

第1位 Street-Legal
第2位 Desire
第3位 Planet Waves
第4位 Blonde On Blonde
第5位 Blood On The Tracks

以下は無し。だって聴き込んでないもの。


──NIFTY フォーラムFBEAT 【洋楽温故知新】部屋より(1996年3月11日、30日付)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドライブ

 ややややや…。つかけん大関陥落の危機か。っと、1年以上無断で休場していてはそれどころではない。角界追放である。

 昨年は引っ越し&新築、そしておよそ20年近く乗っていたクルマを廃車。さらに今年5年ぶりの職場異動。とまあ押し寄せる波たちを乗り切るのに忙しい、とは言っておこう。ふは。

 引っ越しにともなうあれやこれやは去年のうちにほぼ済んだのだけど、唯一片付いていないのが古い家から運んだCDの束。何枚になるのかもはや定かではない(多分3000~4000枚)。これを収納するラックは買った。組み立てた。据え付けた。アンプも買い替えた。スピーカーもJBLにした。以上。そうなんだ。そこで終わっているのだ。納められるのを待つこと9カ月。もはやCD君たちは主人の根性の無さに落胆し、床に積み上げられたまま静かに眠るしかないのだろう。ホコリも静かに積もるのだろう。たはは。

 音楽を聴く気力がここ数年薄れてきている、とは何度も言ったが、実際相変わらず、というより引っ越してからますます右肩下がりなのだ。参ったな。今年手に入れたブツも少ない。次の通り。

・HALCALI 『音樂ノススメ』 2004
・Sally Seltmann 『Sally Seltmann』 2014
・Weezer 『Everything Will Be Alright In The End』 2014
・Bjork 『Vulnicura』 2015
・Sondre Lerche 『Please』 2014
・John Frusciante 『Enclosure』 2014
・椎名林檎 『逆輸入 ~港湾局~』 2014
・  〃   『日出処』 2014
・角松敏生 『The Moment』 2014
・Eric Johnson 『Europe Live』 2014
・Kina Grannis 『Elements』 2014
・Joe Barbieri 『Maison Maravilha(夢のような家で、君と)』 2009
・   〃    『Respiro(静かに、息をするように)』 2012


 一体つかけんはなにをしているのだ。

 はい、ドライブです。ぶーーん。

 いわゆるミニバンのひとつ、フォード・フリーダ(4WD)に別れを告げ、「Dセグメント」に分類されるクルマ、それもセダンでなくワゴン系に乗り換えたのが去年の11月。やたら見かけるベンツのCクラスとマツダのアテンザは除外し、アウディのA4、ワーゲンのパサート、BMWの3シリーズ、ボルボのV60/70、スバルのレヴォーグあたりでうろちょろした結果、外・内装のシンプルさ、漂う品の良さというか上質感、車体の剛性感、TSIエンジンとDSG(マニュアルギアのシフトチェンジをデュアル方式で「自動的」かつ「瞬間的」に行ってくれるミッション)の相性の良さと滑らかさ、エンジン排気量のダウンサイジングの成熟性とそれにともなう燃費の低さと加速感の両立、運転中の異様な静けさ、なにより運転していて感じる楽しさ…等々で、フォルクスワーゲンのパサート・ヴァリアントに決定した。色は濃紺。グレードはハイラインだ。

Passat01

 以来、時間を見つけてはハンドルを握り、あちこち走りまわってばかりいる。1.5トンの重さを軽々と運び、滑るように路面を走る快感ったらない。もはや自分の手足の延長になっている。スキーをやっているときに板がいつの間にか自分の足になっている感覚と似ている。今日も今日でちょっと近場に出かけてきた。高速道でなく、一般道で平均燃費19.0キロ/Lを記録して気分がいい。やっぱり車はガソリンだけでいい。電気はいらない。

Passat02_2


 ごめんよ、眠れるCDくんたち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春一番

Ichiro_01


 このところ音楽にも読書にも「!」という経験がどうも少なくて、というより、聴いたり読んだりすることから離れていただけなのだけど。なんていうのかなぁ、こう、心や体に「入っ」てこないんだよなぁ。「染み」てこないんだよ。これじゃあもう音楽鑑賞が趣味です、なんて言えなくなってきたかも、なんて思いつつ、今年手に入れた(3ヶ月でたった9枚)CDを聴くともなしに聴いていた。

 ん、結構いいじゃん。と思わせたのが高橋優の『Break My Silence』(2013)だったりする。さして期待してなかった分、聴いたら「効い」た。なんだそりゃ。この調子で相対性理論の『Town Age』も聴いてみよ。やくしまるえつこの声に浸りたいんだ。

 と同時期に読んでいた、浅田次郎の『一路』にもハマってしまっている。只今下巻突入である。

 思い返せば、昨年薦められて借りた百田尚樹の『海賊とよばれた男』は結局手に取らず、そのまま返したし、こちらは読んだ桜木紫乃の『ホテル・ローヤル』と『起終点駅(ターミナル)』はつまらなかったし、くだんの浅田次郎にもなかなか手が伸びなかったのだけど、えいやって思ってページをめくってしばらくしたら、あらら、おもしれー!

 この『一路』はまず表紙絵に惹かれた。どこかで見たパターンだなぁ。あ、あれだ。三浦しをんの『風が強く吹いている』のそれにそっくりだ。「装画 山口晃」とある。調べてみたら、ビンゴ。

 『一路』は簡単に言っちまえば、幕末に参勤交代で中山道を江戸へと向かうストーリーである。なんだか内容まで箱根駅伝をクライマックスにもってきた『風が強く~』に似てないかい。もちろん作者が違うから味わいは異なる。『一路』にはあちらこちらにユーモアや馬鹿馬鹿しさが散りばめられているのだ。その意味で同じ浅田の『プリズン・ホテル』シリーズに通じる。

 まあともかく、音楽にも本にも春一番が吹いたのかもね。めでたし、めでたし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

当たり前数々

 先日、TVを眺めてたら、日本の東と西とでは同じことばでも意味が違うとか、指す対象物が異なっているとか、そんな番組が興味深かった。まあ忘れた頃にやってくる、過去何度も繰り返されたであろう企画なのは分かり切っているにもかかわらず、私は結局ハマってしまうのだった。その番組によれば、

・東日本では赤い「灯油を入れておくポリタンク」は、西日本では青色だということ
・東では茹でタマゴとマヨネーズをスクランブルしたものを挟む「たまごサンド」が、西では卵焼きを挟むこと
・関東で「きつね」といえば油揚げ、「たぬき」といえば天かすを乗せたうどんや蕎麦を指すのに対し、関西では「きつね」にも「たぬき」にも油揚げが乗りつつ、「きつね」=うどんであり、「たぬき」=蕎麦だということ

…云々。

 っと、そういえば大阪は吹田の町に私が1年間いたときに、へえー!違うもんだなあ、と思って覚えているものは、

・多分東では「チャーハン」と呼ぶものが現地の食堂で「焼き飯」と呼ばれていたこと
・すき焼きになぜか麩が入っていたこと
・静岡で「ぶたじる」という呼称を刷り込まれていた豚汁が「トンじる」だったこと(っても、ここ2、30年の間に静岡でも「トンじる」が市民権を得、「ぶたじる」は死語となった模様)

…あたりかな。

 ここでオマケ。子供のころに覚えてしまった次の二つの数え歌?は西日本では違うんじゃないか。というより、関東や北日本でも、いや、日本各地で違う気がする。もっと言うと、隣町ですら違うかも。自分のが当たり前だと思っていたけど、きっとそれは当たり前ではないんだね。

・どちらにしようかな、かみさまのいうとおり、あっかんべっかん、ちよんがんぺ!

・でぶでぶ、ひゃっかんでぶ、でんしゃにひかれて、ぺっちゃんこ、ぺっちゃんこはせんべい、せんべいはあまい、あまいはさとう、さとうはしろい、しろいはうさぎ、うさぎははねる、はねるはかえる、かえるはあおい、あおいはおばけ、おばけはきえる、きえるはでんき、でんきはひかる、ひかるはおやじのはげあたま!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年の収穫

 とまあそういう訳で、今年はここ10年の中で、おそらく最も数多くのCDを手に入れたにもかかわらず、あまりに多すぎたか、腕時計に狂ったせいか(それだろ)、「やられちまったぜ!」とぶん殴られた作品が意外にも思い出せない。また、いわゆる新譜、つまり今年リリースされた作品にほとんど触れずじまいだった。だもんで、今回も一応リストアップしてはみたが、あくまで「一応」である。

 その中で、ノルウェーのシンガーソングライター、Sondre Lerche(ソンドレ・ラルケ)一連の作品にはちょっと胸かきむしられた、というか足をすくわれた。リストからは外してあるが、『Two Way Monologue』(04)や『Duper Sessions』(06)も捨てがたい。あと、リストには載せなかったものの(だって聴きこんでいない)、Ani DiFrancoなるシンガーと一瞬Phishを連想させたMoe.という名のバンド、この両者は気になったまま放ったらかしである。あ、もう一人いた。高橋優だ。彼の新譜は聴きたい聴きたいと思ったまま忘れていたんだった(だから時計のせい)。


 <BEST3>

Lerche


1 Sondre Lerche  『Faces Down』  02年

Gainsbourg


2 Charlotte Gainsbourg  『IRM』  10

Oberst


3 Conor Oberst  『One Of My Kind』  12


 <次点(ミュージシャンのアルファベット順>

Meyer

・ 天野 月  『天の樹』  12
・ 安藤裕子  『勘違い』  12
・ Kevin Ayers  『The Unfairground』  07
・ Beirut  『The Flying Club Cup』  07
・ The Bevis Frond  『Vavona Burr』  99
・ Ryan Bingham  『Tomorrowland』  12
・ Andrew Bird  『Armchair Apocrypha』  07
・ クラムボン  『Lover Album 2』  13
・ Dawes  『Stories Don't End』  13
・ The Dodos  『Visiter』  08
・ Nick Drake  『Bryter Layter』  70
・ Brian Eno  『Another Green World』  75
・ Farm Dogs  『Last Stand In Open Country』  96
・ Howe Gelb  『Sno Angel Like You』  06
・ Gov't Mule  『Dose』  98
・ Home  『XIV』  99
・ Beth Jeans Houghton  『Yours Truly, Cellophane Nose』  12
・ Jason Lytle  『Yours Truly, the Commuter』  09
・ Emi Meyer  『Galaxy's Skirt』  13
・ Yuri Popoff  『Lua No Ceu Congadeiro』  12
・ Bonnie Raitt  『Slipstream』  12
・ Rigina Spektor  『What We Saw From The Cheap Seats』  12
・ The Strange Boys  『Be Brave』  10
・ Sun Kil Moon  『Ghosts Of The Great Highway』  03
・ Thin Lizzy  『Thin Lizzy』  71
・ Tripping Daisy  『Jesus Hits Like the Atom Bomb』  98
・ Widespread Panic  『Everyday』  93
・ Alex Winston  『King Con』  12
・ Neil Young  『Americana』  12

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WATCH>LISTEN

 今年手に入れた音源(CD)は269枚。といいつつそのほとんどが5月までの上半期に集中している。6月以降に集めたのはわずか21枚。それと足並みを揃えるように、聴く時間も激減している。最近聴いたのってなんだっけ。クラムボンの『Lover Album 2』は心地よかったな。あとはチャットモンチーのベストとEmi Meyerの『Galaxy's Skirt』くらい。寒かった今年初めから暖かい初夏にかけて熱に浮かされてたかのように漁りまくったあの空気はどこにいってしまったのだろう。

 実は、今年最もハマったものは時計である。私が所持する腕時計は全部で40本程。その2/3位を今年だけで買い求めてしまった。まったくなんということだ。ここにきてようやくブレーキがかかった、というより飽きてきたのだけど、とにかくまるで鬼のように来る日も来る日も腕時計の画像を見てはニタニタしていた気がする。

 種類も一通り揃っているのではないか。ムーブメントなら自動巻、クオーツ、(電波)ソーラー。ケースならステンレス、チタン、合金、アセテート、アクリルにポリアミド。バンドに目を向ければステンレス、チタン、レザー、セラミック、ウレタン、ラバー、アセテート、ポリアミド、そしてナイロン。風防(ガラス)だとサファイヤ、ハードレックス(SEIKO)、クリスタル、アクリル。用途というか、タイプというか、そんな区分けもクラシカルからダイバーズまで多種多様だ。これに文字盤やバンドのカラーを加えると、そうだなあ、パープル以外は全色あるんじゃないか。まぁしかしよくぞ集めたものよ。おかげで毎日違う時計を腕に巻くことになった。っても、いくつかヘビーローテーションはあるのだけどね。

 どうしようこの40本。玄関やトイレにでも並べてみようか。天井から吊り下げてみようか。うーん、やっぱりきちんとしたウォッチケースに収納した方がいいんだろうなあ。あー面倒くせー。収集熱の冷めた今、百均で求めた透明なプラケースの中で無造作に並んだ連中は毎日私をじっと見ている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

風はもう吹かない

Chatmonchy

 チャットモンチーを久しぶりに聴いた。やっぱりいいなあ。オリジナルでなくベスト盤(2012年)で、というお茶濁しなんだけどね。誰か殴ってくれ。ふは。

 「ヒラヒラヒラク秘密ノ扉」とか「8cmのピンヒール」とか「シャングリラ」とか、一緒に口ずさめるチューン達が懐かしい。懐かしいんだけど、決して古さを感じさせない。なんたって楽曲自体がいいし、橋本絵莉子のギターはけれんみの欠片もなくざくざく弾いてるし、高橋久美子のドラムスもどこに打たれるか見当がつかなくてスリル満点だし。うーん、やっぱりトリオだったときの彼女達が一番だ。そこはかとなく初期のザ・ポリスを連想させるのが今更ながら興味深い。特に高橋のドラムスはスチュワート・コープランドを彷彿させる瞬間があって大好きだ。なんで脱退しちまったんだ。ああ、もったいない。今では二人になり、橋本はプライベートで間違いなく一旦休み、こうやってベスト盤を作り…。チャットモンチーはこれからどこに向かって歩いていくんだろう。

 私が愛してやまないNo.1ソング「風吹けば恋」が見せた不協和音に乗る旋律、ざらざらした手触り、性急さと疾走感、すぱっと切り取った日常感覚とストレートこの上ない歌詞の力強さ。こうした世界を作り上げることはもうないだろうな。


 ところで、橋本のシャウトを聴いていると、「クラシック」たった1曲でヤられちまったJUDY AND MARY、というより当時のYUKIをふと思い出させる。そういやYUKIはソロの方が長くなったんだっけ。もう弾けなくなってきたよなあ。彼女もソロソロじゃないかな。なんちて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おなごの不思議

 しっかし、女性とはかくも不思議なものであることよ。事細かなあれやこれやをよく覚えている。

 例えば、様々な記念日をまず忘れない。誕生日とかウェディングとかは、まあ分かる。んが、初めて出会った日とかどこどこへ初めて出かけた日とか、その他のあれやこれやまでこちらが忘れている日付をしっかり覚えているのには驚愕する。

 さらにこちらの言った数々のセリフや行い、つまり一挙手一投足を折にふれては、あなたはわたしにこう言っただの、わたしにこう振る舞っただの、こちらが全然覚えていないことを持ち出してくる。まあ、これは私だけなのかもしれないが、自分が言ったり行ったりしたことは、そのときのみの真実でしかない。

 だから、

あなたはあのときあの場でわたしにこう言ってくれたのに。とか、
あなたはあのときあの場でわたしにこうしてくれたのに。

…とか言われても、へえ、そうだったかな。まあそのときはそう思ったんだろね。そうしたかったんだろね。だからそれはきっと嘘ではないよ。俺はその場その場で正直なだけなんだ。…としか返しようがない。

 これは特定の女性だけの表れではない。何人ものおなごが見せた共通のものである。

 まあ、女心が分からない、鈍感である、ことぐらいの自覚は持っている私であるが、それにしても、私にとって女性とは不思議な存在である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«伝えない